家

雨漏りする前に屋根塗装をしよう|優良業者の選び方

工事を行うタイミングとは

家

屋根材によって違いがある

京都は一戸建て住宅が、多いエリアでもあります。一戸建て住宅の場合、見た目だけでなく家としての機能や、耐久性をキープする為には、メンテナンスを定期的に行う事が重要です。特に屋根はメンテナンスを怠ってしまった場合、雨漏りを引き起こしてしまうので注意が必要です。雨漏りは梁や柱、壁といった部分を湿気によって蝕み、ダイレクトに家全体の劣化に繋がってしまいます。屋根のメンテナンスとしては、葺き替える屋根工事が基本です。ただし、屋根材によって葺き替えの屋根工事が必要となる、メンテナンスの目安には違いがあります。京都の住宅でも様々な屋根材が使用されているので、種類によって屋根工事を行うタイミングを事前に確認しておきましょう。古都、京都に似合う日本瓦の住宅は、新築時から25年から35年程度で屋根工事を行う事がおすすめです。陶器製の日本瓦は100年の耐用年数があると言われていますが、瓦の下にある防水シートの寿命が約25年程度しかありません。ですので、瓦自体には問題はなくても25年から35年で屋根工事を行う必要があります。京都でも新しく建てられた家は、スレート屋根というケースが多いようです。スレート屋根の場合は新築時から、約20年から25年で葺き替えの修理を行いましょう。現在、増えつつあるガルバニウム鋼板の屋根は、耐久性に優れている事もあり、30年から40年程度の目安で、屋根工事を行えば屋根としての機能をキープ出来ると考えられています。このように、屋根材によって屋根工事を行うタイミングは様々です。自宅の屋根材を確認して、メンテナンスを行うタイミングを考えましょう。